左右差を埋められるか?目頭切開

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。







今回の目は
やや目頭に左右差のある目。
手術前のお写真を見ていきましょう。
手術前
右は少しだけ、左はそれに合わせる形で
左右に目頭切開を行います。


手術から1か月後です。
一ヵ月
傷はまだわかるかな、といったところ。
ただ目の前で見ると、写真よりもその部分は目立ちにくいし
メイクでかなり隠せると思います。

写真よりも実際に見るとわかりづらい、という理由はなにかというと
傷の部分が色がある(この色もだんだんと薄くなっていくことがほとんどです)だけで
立体感が無いからです。
立体感って何?
蒙古ヒダは立体感ありますね。
蒙古ヒダ、だとかシワだとか。
そういったものと違って段差が無いというか。(ちょっとはありますが)
ただの傷跡と(すじ、とも言えます)
折り重なって立体感がある部分との差です。
ぱっと見 真正面のお写真だとそんなふうに見えますが
かなり違いがあるわけです。
これは目頭切開でちょっとしか変わってない、といった感じのお写真の方にも当てはまる現象で
正面から見ても比較がわかりにくくても
蒙古ヒダの立体感の部分が変化している、というケースもあるわけです。


あと、この傷跡のせいで、やや下向きに変化しているように感じる人もいるかもしれませんが
そういうわけではないですね。
左目を見てもらうと
むしろすこしだけ上方向、内側上方向に変化しているのがわかるかと思います。



1か月の時点で傷跡がこういった風にある程度わかる感じでも
さらに年月をかけてけっこう変化していくので
まず最初はじっくり様子を見て、ですね。
上に書いたように化粧でかなり隠せるので
そこをうまく行いながら、です。
検索等でこのブログに辿り着いた人で
まだ手術初期で不安な人もいるかもしれません。
頑張って乗り越えていきましょう!!

シャープな目を手に入れる。

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



今回は目頭切開の例です。

さっそくお写真を見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
そう蒙古ヒダが目立つ感じではないですが
隠れている白目部分は思ったよりは面積があります。
ということは目頭切開を行って変化させることは可能なわけです。
左右の目に施術を行っていきましょう。


手術から1か月後です。
一か月

そんなに変化しているようには見えない、と興味ない人は言うかもしれません。
でも目頭切開etc、こういった施術に興味があるかたには変化がしっかりとわかると思います。
目頭をシャープにし、切れ長な目になっているのがわかります。

この1か月の段階で、傷跡はまだ少しわかる感じ。
メイクをうまく使って隠していけば、このくらいであればかなりわかりにくいものとなることでしょう。
そこはじっくり見ていって、というようになります。


シャープな目頭が欲しい人
蒙古ヒダのつっぱりをなくしたい人 etc
目頭切開はこの手の欲求に対して非常に有用です。
変化するのがいいどうかは本人次第。
蒙古ヒダがあるからダメ、ということもないし
蒙古ヒダが無いからダメ、というこもない。
本人の趣向次第です。
ただ「目頭切開をやりたい!」と盲目になってはうまくいきません。
目頭切開の持つ能力をしっかり把握し(弱点も含め)
本当に行うのがいいかどうか?をしっかり考えて検討していきましょう。
客観性を持って、しっかり考えたうえであれば
手術に踏み切ることは問題ないだろう、と言えます。

大きな変化ではないが蒙古ひだをなくす!

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




題名の通り、今回は目頭切開の例を見ていきましょう。
蒙古ヒダ、と呼ばれる部分をなくしていく、という目頭切開の効能。
そこを見ていきます。

上が手術前
下が手術から1か月後です。

手術前

一ケ月

2枚のお写真を比較してみていかがでしょうか?
何も変わっていない、と思う人もいると思います。
でも興味を持ってこのブログに接してくれた方であれば
この細かな変化にも気づいてくれるはず。

細かな変化、と書きました。
しかしながら、この手の変化は手術を受けた本人の満足度は高いことが圧倒的に多い。
何故・・・?
蒙古ヒダが無くなっているからです。

このお写真の方の場合
手術後、でもまだか売れている白目部分・赤い粘膜部分は存在しています。
もっと変化させることも可能です。
でも蒙古ヒダが「ヒダ」のかたちとしては存在しなくなってしまっているので
だからこそ満足度が高いのです。

蒙古ヒダ
落書きのような絵で申し訳ないですが、緑色の矢印で示している部分です。
この皮膚が折り重なってポケットのようになっているヒダ部分。
これが無くなっているので満足度が高いのです。

右目はなんとなーく、はそんな風に見えるところがありますが
治癒途中の傷の跡であって
実際にお会いしてみてみるともっと目立たず
蒙古ヒダのように見えることは無いです。
あと、もしもこの手術後、の目に蒙古ヒダっぽく線を書いてみたとしても
目の前できちんと見ると、立体感を伴うヒダではないのでそれっぽくは見えません。
傷跡も同じですね。
この「立体感」というか
蒙古ヒダのつっぱりが生み出す部分
ここを変えたい、という人は10年くらい前あたりに比べるとかなり多くなったと思います。
そういった希望で目頭切開を受けたい、とカウンセリングに来られる訳です。

こんな風に良い変化を生み出すべく
良い形で目頭切開を受ける、そのお手伝いにこのブログがなるなら嬉しいです!
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR