前回に引き続き・・蒙古ヒダ解消の目頭切開

新宿ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




前回に引き続き目頭切開法を駆使して
蒙古ヒダを整えた例です。

まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
左右でもちょっと違いありますが
目頭部分、蒙古ヒダを解消するべく目頭切開を両方の目に行っていきましょう。
前回と同じような話ですね。


手術を行ってから1か月目のお写真です。
一か月
目頭部分の変化、お分かり頂けるでしょうか。
特に右目ですが、ヒダが強く突っ張っていた部分が解消されています。
興味のない人には変化がよくわからない、てなところでしょうけれども
やはりしっかりとした変化がみてとれますね。
印象の変化はどうでしょうか?

まだ傷は完治ではないな、というところですが
さらに時間を経て落ち着いていきます。

蒙古ヒダ、という部分はささいなものかもしれないし
突っ張りや隠されている部分、なんていうのもちょっとの話かもしれません。
でも、その人その人でとらえ方は違います。
この部分が解消されることが大きくプラス、と考える場合には
目頭切開を適切に行い、変化を生み出す、というのは強いパワーと言えるし
そのパワーは目頭切開にしかないものです。

自分にとって必要な変化がどうか?
それは本人にしかわからないところではあります。
どんなことができるのか?をカウンセリングを通してイメージをつかんで
その可能なことが自分の目的にマッチするのかどうか?
目頭切開を受ける・受けないはそこをしっかりと考えてからにする必要があります。
じっくり考えてみてください。
必要な際にはしっかりと手術を行っていきましょう。

蒙古ヒダがわかりやすい目→わかりにくい目 目頭切開で変化!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



今回は目頭切開。

蒙古ヒダが気になる、という人はけっこういらっしゃいます。
気にならない人にとっては、「えーそんなところ??!」という感じかもしれませんが
この”ちょっとしたところ”が・・はいらっしゃいます。

おおきな変化ではないですが
今回の目頭切開法症例写真もそんな感じ。

蒙古ヒダ部分に注目してビフォー・アフター比較してみましょう。
上がbefore 手術前
下がafter 手術から2か月目です。

手術前

二か月

細かな変化、わかりますか?
細かな、と書きましたが興味のある人、蒙古ヒダが気になっている人には
明らかで大きな変化かもしれません。
確かに違いますよね。

変化

わかりやすいかも、と思うので手書き図で。
緑の丸の中の変化が起きているわけです。
図が汚いので(笑)わかってもらえるかどうか・・

まあ言葉でうまく言うのは難しいのですが
蒙古ヒダのいわゆるヒダっぽい部分を解消した例。
こんな変化を望んでいる人もけっこういるのではないでしょうか。
小さいながらも、心理的なものも含めて大きな変化。
参考になれば幸いです。

目の横幅を変え、左右の目を近づける。

ドクター松井クリニック 松井です。
今回は目頭切開のお写真です。

左右の目を近づける、目と目の間の距離を狭くする
そういった目頭切開の効能がわかりやすい例ではないかなと思います。

経過を追って見てみます。
まずは手術前のお写真。
手術前
このお写真だけだとわかりづらいですが
蒙古ヒダの影響で隠れている部分が結構多めな目です。
ヒダを解消するべく、目頭切開を両目に行います。


手術直後です。
直後
微妙な腫れもあって、少し引っ張られている感じで
ちょっと過剰に見えています。
でも変化の方向性は明らかですね。

続けてみてみます。
抜糸時(5日目)です。
抜糸時
目が横方向に拡大されているのがはっきりとわかります。
目と目の間も近づいていますね。

最後は1か月目。
一ヵ月
手術跡はまだすっぴんだとこんな感じ。
だんだんと傷が落ち着いていくので様子を見ていきます。
まだ、わかる、と言えばわかりますね。
メイクしだいでほとんど隠せる感じです。

目頭の形自体はさっきの抜糸時の写真とほぼほぼ同じ。
この感じでより傷が落ち着いていきます。
ということで、先ほども記しましたが目の横方向への拡大と目と目の間が近づいた、という変化。
1枚目のお写真と比較すると
大人っぽい印象がプラスされた、と言えます。
どちらかというと大人っぽい方向、美人系の方向への変化
それが目頭切開の効能です。

1枚目と4枚目、比較して
どちらが良い、というのは一概には言えないですが
好みによって分かれてきて
どちらがダメ、というのは無いです。
なので目頭切開を受けようかどうか考えている、という人は
いろいろな症例写真を見たり
更にはカウンセリング時に自分の目でシミュレートしてみて
自分の目で可能な変化が好みかかどうかを確かめていきましょう。



プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR