ヒダを解消! 目頭切開!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。







今回は目頭切開のお写真です。

蒙古ヒダ、と呼ばれる部分。
このヒダに引っ張られるようにして、白目が隠れる部分が生じてきます。
目頭切開は白目の隠れている部分を出す施術です。
ということで折り重なるヒダを解消することもできるわけです。


ビフォーアフターで見てみましょう。
上が手術前、下が手術後1か月目です。

手術前

一か月

目頭切開を考えていたり、興味を持っていて、このブログを読んでくれている方々であれば
お写真を見て、蒙古ヒダの変化がわかることと思います。

ヒダの立体感ある折り重なりの部分が無くなっているわけですね。
ここが変わることでメイクをしやすくなったり、という声はよくいただきます。
白目の隠れる部分が出てきて、涙丘と呼ばれる赤い粘膜部分が見えてきたのもおわかりいただけますね。


1か月目、ということで手術痕はまだある程度治癒途中ですが
それでもかなり落ち着いてきています。
メイクをしてしまえばかなり目立たないですね。



埋没法であったり 全切開法であったり
目の縦方向を変える施術の方が目につきやすいですが
目頭切開には目頭切開にしかない「ヒダを変える」能力があるわけです。
言ってみればそれしかできないのですが
特殊能力を持っている、ということは本当に強い。
関心のない人にとっては、意味のないものかもしれません。
でも、人によってはものすごく重要な能力を持つため、強い味方になることと思います!


目頭切開の効力で切れ長の目に

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。







今回は目頭切開の症例です。

目と目の間が離れている、と感じる人の場合
目頭切開で目の横幅を長く、切れ長な目にして
目を近づけることは非常に効果的です。


ビフォー・アフターで見てみましょう。
上が手術前、下が1か月後。
手術前

一か月

ほんの少しの違いかもしれません。
でもその少しは、非常に大きいもの。
確かな変化です。

上のお写真はかわいい系、あどけない感じ
下はより美人系より、しっかりした印象となります。
どちらの方が自分の求める方向性に近いか、ですね。
ここの判断がとても重要といえます。

自分の目に置き換えて考えたときに
目的に合うものなのかどうか
求めている方向と合致するのかどうか
しっかり考えて、目頭切開を受けるべきか、はたまたやめておくか
そこを判断していきましょう。

カウンセリングに来てくだされば
その人の目だとどういった変化が起こるか、という
シミュレートで見たうえで考えていけるので
判断の材料にうまく使って下されば、と思います。


ちょっと珍しい? 片方だけの目頭切開

今回は目頭切開の症例を。

やや珍しい、片方だけ施術を行う例です。
左目に目頭切開を行い、右目に合わせていく、という具合です。


では手術前の状態をまずは見ていきます。
手術前
こういった感じ・・どうでしょう?
ちょっと差はわかりにくいですが
微妙に左側の目頭側、鼻寄りの白目の面積が、右に比べて小さい、と。
左右の比較でいうと
やや左目の方が開きが弱いのもあるので
そういった点でも白目の面積の差は出るのですが
横方向に短さも見受けられます。



アップにしてみます。
前
細かいですがわかりますね。
大きな差ではないので、もちろんそのまま様子を見てもいいと思いますが
左側の目頭切開を希望されました。


細かな変化はなかなか難しいので
手を加えない方がいい、というパターンも多いです。
今回は微細な変化を可能、と考え片側の目頭切開を施行しました。
細かな目頭切開で横方向に左目を拡大していきます。
直後
これが手術直後です。
Z形成、という考え方を応用したやり方です。(Z法とよく書かれていますね。)
だんだんこの傷が癒えてどうなっていくのか?も含め見ていきましょう。
(片方だけディファイン系のコンタクトなので、ちょっと変な感じはしますがそこはおいておいて)




次のお写真は5日経過して、抜糸をしたときです。
抜糸時
糸を取ったら傷のところが赤みを帯びています。
この点に関しても徐々に改善していきます。






最後は手術から1か月目です。
一ヵ月
1か月目にしては手術跡もほとんど目立たず
経過は非常にはやく、良いです。
左右差はどうでしょうか?

1枚目のお写真と細かく比較すると
やはりその差はわかりますね。
けっこう揃ったのではないでしょうか?
やや左目の白目面積が多いかどうか?というところですが
ごくわずかな差なのではないでしょうか。

一か月
またアップにしてみました。
傷はメイクがうまくできているのもあり
アップにしても、ほとんど無いに等しい感じですね。

上記したように、目の開きの差もあるので
横方向に拡大されてくると、縦方向の差はちょっとわかりやすくなったのかもしれません。
(目頭側の白目部分が左の方がやや縦に小さい、ということです)
そうはいっても、この1か月目の2枚のお写真をみると
なかなか良い感じにそろえることができたのではないかな、と思います。
良い結果に対して喜んでいただけたのが印象的でした。





目頭切開の方法によっては
だんだんと元に戻ってしまうことが十分考えられるのですが
そこは方法に寄ります。
Z法、W法というもので行った場合には
腫れていて最初に変化していくというのと
傷の治り具合で細かに変化していくという部分はありますが
戻ってしまう、というものではありません。
「良い変化がキープされる方法」を行うことは非常に大事ですね。

「戻ってしまう方法」で目頭切開を行った場合
中途半端に戻ってしまうケースや
傷口の位置によっては
目頭部分が丸くなって、それは戻らずに残ってしまうこともあるので要注意!です。
俗に、パンチ穴(ノート紙をまとめるために、穴をあけてルーズリーフのように使うアレですね)などと言われたりします。
前にも書きましたが
ひらがなの 「つ」  だったり 「し」 を斜めにしたような丸みの強い形ですね。
こういった結果を避けるためにも、方法選びは重要だ、と言えるわけです。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR