バランスのよく、自然な変化を生み出す目頭切開

今回は目頭切開です。

アフターのお写真だけ見ると、どかん!と変わったようには感じないけれど
施術前後を見比べると、しっかりとした変化をしているのがわかる!という
自然でいい感じの変化の例です。


手術を受ける前のお写真から見ていきます。
手術前
がっちり目立つわけではないですが
蒙古ヒダが見受けられます。
白目の隠れている部分の面積も意外と多かったです。

目頭切開を両目に行い
隠れた部分を出していき、整えましょう。




手術から1か月経過したお写真です。
一か月
まだ少し傷がわかりますが
この先さらに落ち着いていくので
ゆっくり経過を見ていきましょう。

目頭側の目の形、変化は明らかですね。
白目の面積がけっこう変わっています。
バランス的にもいい感じではないでしょうか。

目の間の距離も縮まっていますが
その点に関しても、近すぎることもなく、良いバランスです。


蒙古ヒダのある目から
蒙古ヒダの無い目へ。
まさに目頭切開の持つ能力がいいかたちで見て取れます。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR