目を生かす、クセを生かす。

今回は埋没法。
いまひとつクセづかない目を
はっきりとした二重まぶたの目に生まれ変わらせていこう、という
このブログでもよく書いているテーマの例です。


まずは手術前から。
手術前
左目の方が強くクセがあります。
うっすらではありますが右にも。



手術直後
すこし濃く出ている、というかなんというか。
ただ、大きな腫れははなく、すでに良いですね。
ラインが生み出された分、現時点でも目が大きく、はっきりしました。


最後は1週間目です。
一週間
非常にいい感じに落ち着いています。


クセはやはり、その人その人の素質で出てきます。
その素質をうまく生かすこと。
ナチュラルな流れ方を注意深く観察し
沿った形でデザインを精密に行う。
丁寧にこの作業を遂行していけば
自然で美しいラインがきちんと実現される。

細かい作業ではありますが
とても重要な部分であり、非常にやりがいがありますね。



PS
今回の反省点は・・・
1週間目のお写真があまりきれいに撮れていなかったこと
非常に美しいラインの例だったので
もっと生かせる写真が撮れていれば。。反省
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR