差を埋める埋没法

今回は左右で違いのある目を整えていった例です。
特に片方一重、もう片方二重というときは
たとえ奥二重くらいでもけっこう差を感じやすいです。

お写真で見てみましょう。
手術前
一見してわかるように、左右差があります。
片方だけクセづいたパターン、というか。
ただ、左もやや不安定ということで
左右両目に埋没法を行い、この差を埋めていきましょう。


埋没法が終了した直後のお写真です。
直後
右は少しだけの腫れ。
左は開きが悪くなって、やや下垂気味になっています。
このぐらいであればすぐに落ち着いてきますね。
糸がつくことで目をあける筋肉の動きが一時的に弱くなることもあるし
麻酔でそうなる人もいます。
まずはちょっと様子見。


ということで1週間目です。
一週間
左右が揃いました。
やはりバランスが良い、というのは落ち着いて見えます。
ほんの少しの変化かもしれませんが
こんな風に整えていくのは非常に有効ですね。

大きな腫れも無く
左右差をいい感じに埋める。
お写真をさっと眺めるだけでも
この効果のほどがおわかりいただけた、と思います。

小さな変化、でも非常に効果的な意味のある変化。
そういったものをいい形で生み出せていけるならば
僕の方も非常に嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR