クセをしっかりとしたラインに埋没法で生まれ変わらせる

今日は埋没法の例です。

アイプチやメザイク、アイテープetc・・
ちょっとだけクセはつくのだけれど
時間が経つとごく薄いものになってしまう。
そういった方は多いです。

二重になっちゃいました!なんて人もいるし
ほんとうにまちまちです。
二重瞼の世界は奥が深い。

今回の例はうっすらとあるクセを生かしたもの。
それだけでは苦しい場合もあるので
自然になりやすいラインを考慮したりして
ちょっとずつ流れ方を考えつつ行くのですが
クセを生かして、というのがメインです。



まずは手術前から。
手術前
写真にするとクセは結構薄い。
浅いというか、薄いというか。
一重の印象の強い目、ともいえるかもしれません。

メイクやアイプチで二重にし続けるのも一つの手ではありますが
埋没法で薄いクセをしっかりしたラインに生まれ変わらせていきましょう。



埋没法直後です。
直後
さほどの腫れも無く 
現時点でもあまり手術後だ、なんていうのもわかりにくいのではないでしょうか。

こういった感じで
もともとメザイク等で作っていたラインであれば
術後ちょっとしてしまえば、周りからは「変化がない」という印象しかないので
すんなりと移行してしまえる、という利点がありますね。


最後は1週間後のお写真。
一週間
あんまりさっきのお写真と変わらないかな。
あとは少しメイクをしてあげるとさらに目を映えさせますね。

クセがしっかりとしたラインにならない、同じような悩みの方には有効な施術です。
きちんとした施術をきちんとしたかたちで行う。
当たり前のことをしっかりと行えば結果はついてきます。
うまく生まれ変わらせていきましょう!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR