広くなくても切開法は可能です。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






前回の予告どおり
今回も切開法の症例を紹介します。
前回はけっこう広めの例でしたが
狭め、といってもよいかな、というくらいの幅の例です。
見比べて参考にしてみてください。


まずは手術前からお写真を見ていきます。
経過
すっぴんでもはっきりしたラインがありますね。
埋没法によって生み出されたラインです。
でも今回は切開法希望、ということで
このラインを全切開法を行うことで、生まれ変わらせていきましょう。


手術終了直後です。
直 後
けっこう青いです。
すでに内出血が多い。
上のお写真と比較するとさすがに多少いびつですが
あまり変わらない?
メイクした、的な感じになっていますね。


ということで5日目、抜糸を行っています。
抜糸 時
内出血の色は薄くなりつつ、まわりに広がっていってます。
目の下あたりも含めて見られますね。
さらに広がりつつもどんどん薄くなっていきます。
抜糸前でも、傷の部分を避け、目の下、周りの辺りであれば
メイクで内出血を隠す、というのは問題ないです。

この日に抜糸を行ったので
抜糸の次の日からは、まぶたもメイク可能です。


最後は1ヶ月目です。
一か月め
1枚目のお写真より、むしろナチュラルに感じやすいかも。
メイクが加わっているからかもしれませんが。
実際に見ても非常に落ち着いていい感じでした。
このぐらいの時期はまだ傷、まぶた部分はすこし硬さがあるのですが徐々にやわらいでいきます。
細かう言えばそういった点の変化でさらにナチュラルになっていく、といったところです。

途中経過はさすがに埋没法よりも大変ではありますが
印象を変えずに切開法でのラインに生まれ変わらせることができました。
埋没法より大変、といっても時間とともに写真を追ってみてみると
そこまで極端な腫れもでずに、良い経過だったのではないでしょうか。

状況によっては切開法は大きな武器となります。
ただ、状況次第では埋没法の方が有利、もしくは埋没法しかできないケースもあります。
勇気、お金etcを持っていたとしてもダウンタイムがとれないと無理だからです。
カウンセリングでは2~3週はかなり腫れるくらいに考えなくてはいけない、といつも話してはいます。
抜糸はだいたい5日目以降くらいなので
あとはメイク等で頑張ってどこまでうまく隠したり、綺麗にみせたりできるか、という風になってくると思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR