一重からの変化、しっかりとした幅のラインを。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回も前回と同様、一重まぶたから二重まぶたへの変化のお写真です。
前回のお写真に比べると、幅のしっかりしたラインの例なので
またちょっと違った雰囲気で、比較するのも参考になるかと思います。


まずは手術前です。
手術前
細かく見てみると 左は奥二重、開くと見えないラインがあるのかな、という感じ。
ふつうに見た場合は左右共に一重の印象の目です。
両方の目に埋没法を行い、ラインを生み出していきます。


埋没法終了直後です。
直後
手術の影響で、少し右目の方が開きが弱くなったかな、というところ。
微妙にライン幅が右>左です。
目が慣れてきて、徐々に開きは落ち着いてくることでしょう。


ということで最後は1週間目。
一週間
開きが揃っていますね。
さっきのお写真と比較しても、ほんとちょっとの差なのですが・・
手術直後は眠そうな目に見える、なんてよく言うやつですね。
ほんのちょっとの差がどうも違って見える、と。

とくに、手術を受けた本人はいつもの目の開きとの違いがわかりやすく
ちょっと腫れ感を感じやすいと思うのですが
客観的に見た場合はそこまででもないので
まずは少しの間勇気をもって乗り越えることです。

二重ラインもいい感じに落ち着いて
1枚目のお写真と比較すると変化がはっきりとわかりますね。
ここで1枚目に立ち返ってよく見てみると
うすーくクセは入っているので
その部分をうまく生かしてしっかりしたラインに生まれ変わらせているのだ、というのもわかると思います。
いい感じですね。






関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR