目をやわらげる

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法。
蒙古ヒダのつっぱりがあると
ちょっと目がつり目っぽく見える人もいます。
ラインを変えることでやわらげることもありますが
目頭切開での変化を今回は見ていきましょう。

手術前です。
手術前
蒙古ヒダのつっぱりは結構あって
ポケット的な部分も多いのですが
目の隠れているところは少ないです。
涙丘(赤い粘膜部分)が最初からわりと出ています。
つっぱりがあるので方向としては斜め下にひっぱられる方向
やや目がつってみえるかも、というところ。

こういったケースでもヒダの部分を解消する、という感じで
施術していきましょう。

目頭切開後1カ月です。
一ケ月
ヒダがなくなったうえで
ややメイクで目頭を書き足しているので
ナチュラルに横方向に目が大きくなっていても
あまり違和感がないですね。
メイクがやや蒙古ヒダに見えるかな?


でもヒダの方向性でちょっときつく見えるかな、という点を
(ややつり目っぽく見える)
目頭切開によってやわらげているのです。
ラインも末広→平行と変化していますね。
つっぱりがなくなってラインの方向性もかわったわけです。


同じようなことを考えている人
同じような目の特徴がある人には
かなりピンとくる画像かなと思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR