もう少し全体的に幅を感じるラインを。

今回は
はじっこだけちょっと見える、というラインから
全体的に幅がきちんと見える
美しい末広型ラインへの変化の例です。



まずは手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
もともとラインはありますね。
もう少しだけラインを広げたい、という希望です。

上のお写真のように
目尻側のみラインがあるタイプ
これを奥二重、という場合もあるし 普通の末広ラインという場合もありますね。

もう少し目頭側からラインの幅があるようにしたい!
そういった要望は多いです。
埋没法を用い、要望に応えていきましょう。


埋没法を両目に行った直後のお写真です。
直後
少し右目の方が腫れが多いかな、というところ。
まだちょっとだけ形はいびつです。

でも大きく腫れたり、おかしなことになったり、というのも無く
順調におさまってくる感じでしょう。
すでにこの時点でも目頭側からしっかりと幅のあるラインへの変化を見せているのがわかります。


最後は1週間目。
一週間
落ち着いていい感じです。
不自然さも全くなく、うまく溶け込んだような変化。
それでいて確かな変化。
ごく自然ですね。

こういった素直で無理のない変化であれば
腫れも少なく、非常に美しい仕上がりをはやくから体験していただけますね。

1枚目、3枚目のお写真
比較するとしっかりとした違い
目を大きく見せているその変化
おわかりいただけると思います。

埋没法でダウンタイムを短く
美しい変化を手にいれましょう。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR