直後のお写真で目頭切開の効能を見る。

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。






目頭切開ってどんな風な変化がつけられるの?
いまひとつ感じをつかめていない人も多いのではないかな、と。

このブログの目頭切開のカテゴリーの
いろいろなお写真を見たり、記事を読んでくれたりすれば
けっこうつかめるものはあるのでは?と思っているのですが
どんなものでしょうか。

今回のお写真もそういったニュアンスをつかむのに役に立つ
変化のわかりやすいお写真です。
手術前と直後のお写真を比較して
どんな変化が生み出されるものなのか?
そこを見ていきましょう。



上が手術前、下が直後です。
手術前

直後

もともと若干目頭側の赤い粘膜部分が見えていますが
けっこう蒙古ヒダのつっぱりがあり
隠れている部分も多く
また、二重rのラインを引っ張っている感じがありました。

手術をすると
目頭側の隠されていた部分がより出てきているのがわかります。
やや変化が強く見えるかもしれませんが
糸で縫合をしたときにすこし引っ張られて、変化がちょっと強調されています。
もう少し落ち着いた印象となるかな、というところです。
二重のラインも蒙古ヒダに引っ張られていたところが解除され
平行型ラインとなっていますね。
ラインが末広型になりやすい目を平行型になりやすいようにしていく施術とも言えますね。

目頭切開は戻ってしまう、なんていうこともよく書かれたりしていますが
適切な方法で行った際には
さっき書いたように糸で縫った際にちょっと一時的に引っ張られて感じる、だとか
腫れてちょっと強調されて感じる、もしくは逆にちょっと変化が小さく見える
傷が治ってくる際に、その治り方で少し変化を見せる
などといった細かいところはありますが
元にもどってしまう、だとか大幅に変わってしまう、などということはありません。
無理な方法で行っているケースだと最初だけ変わっていて
どんどん戻ってしまう、という良くないパターンなわけです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR