毎朝の時間の負担が無くなる!

現代では
ファイバーやテープなど
いろいろな二重ラインを生み出す手法も増え
自分でなんとかしている、という人は多数いらっしゃいます。

人によってはそれがいい、という場合もあるし
朝時間がかかってしょうがない、だとか
綺麗にできない、だとか
不得手な人にとっては困難すぎるもの、という風になってしまうので
埋没法であるような手術の力を借りるのは
十分に意味のあるものだ、と言えます。



今回のお写真を見ていきましょう。
手術前
左はけっこうクセづいています。
右はほとんどクセはありません。
というように日々、同じ様な風に化粧やアイプチ等行っていても
差は出てきます。
ここにしっかりとしたラインを生み出していきましょう。


埋没法を両目に行った直後のお写真です。
直後
直後なので少し糸による負担がかかり
目が重くなっていますが
極端なものではないのですぐにおさまっていきます。

後は次の1週間経過時のお写真と比べてもらうとわかりやすいですが
メイクが加わるとまたずいぶん違います。


ということでアイメイクをしている、手術から1週間目のお写真です。
一週間
手術後の開きにくさも落ち着いて
コンタクトやメイクも相まって
非常に目が映えています。

化粧やアイプチetcでラインを自分で作っていたときも
このくらいの感じだったのでしょうけれども
この方がまぶたに余計な負担もなく
むしろ自然なわけです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR