腫れのチェック。

今回は埋没法。
やや腫れのわかりやすい例かと思います。
チェックしてみましょう。

まずは手術前から。
手術前
比較すると右が狭く 
左もわりとしっかりしているようですが
消えることも多いため
今回は左右両目とも行うこととなりました。


手術直後です。
直後
左も、ですが右の方が多く腫れています。
がんがんに腫れている、というのではないですが。

やや目が重たい印象があったので
すこし複雑な糸のつけ方をしており
目の開きに負担がかかった、というところです。
ただ、これはどんどんおちついてくるので
まずはあわてず様子を見ていきます。

食い込んでる、という感じに見えるかもですが
閉眼
目を閉じてみると、直後でもこんな風で
変にくぼんだり、ひきつれたりはしていません。
やや赤くなっているところはありますが。


ということで最後は1週間目。
壱週間
ずいぶん落ち着きました。
しっかりとした広いラインに落ち着きましたね。
たるみやくぼみがあったり
シミュレートでややラインが出にくかったり、といった例では
ちょっと強気にこういった糸のつけ方をおこなう場合があります。
腫れはやや出ますが
2~3日経過して、なおかつ化粧をすれば
かなり目立たなくはいける、と思います。
でも1週間は必要、という言い方になる場合もありますね。

広めのラインにチャレンジしたい場合等
相談に応じて行っていきます。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR