緻密な微調整

今回は微調整の例、という感じでしょうか。
埋没法を左右差を整えつつ
両方ともに広げた例です。

まずは手術前から、さっそくお写真を見ていきましょう。
手術前
やや左の方が狭いライン。
左右とも少し広げて、整えていく計画をたてました。


埋没法直後です。
直後
左右共にちょっとだけラインを広げています。
手術したばかり、といえどもかなり腫れは少ない。
翌日の朝の方が腫れる、という人もいます。でもこの延長上なので、そこまでの腫れではないでしょう。
しかもどんどん落ち着いてきます。


最後は1週間目です。
一週間
さっきのお写真と大きくは変わらないですね。
こういった風に、素直に広げることのできるパターンは腫れが少ないです。
クセがあるケースなども腫れが少なくできやすい。
無理に広げたり、かなり幅のあるラインの場合は腫れもでるし
腫れて感じやすい、という様になってきます。

ごく自然でいい感じに仕上がりました。
手術前のお写真と比較しても
むしろafterのお写真の方が自然に見えるかもしれませんね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR