内出血の出た例

今回は埋没法です。
内出血がやや多く出た例です。
今回のお写真の方のように、開いた時に内出血が見える、というパターンは多くはないのですが
事例として参考にしていただければ、と思います。
そこから対策を考えておく、というのも大事です。


まずは手術前から。
手術前
ラインが存在していますが
狭い奥二重なので
左右に埋没法を行っていきます。


手術直後です。
直後
微妙に目が重くなっているかな?というところ
そういった理由でちょっと腫れて見えますが
これはすぐに落ち着いてきます。

この時点では特に内出血は無いのですが・・
1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
内出血がわかりますね。
少し遅れて目立っています。 (翌々日くらいがピーク?)

目を閉じたときはこういった感じ
左閉眼
ちょっとの内出血であれば1週くらいでわからなくなっているくらいのケースの方が多いのですが
もう少しかかる感じです。
といってももう1週くらいのあいだではおさまるので
(普通の健康な方で もっと多く出ても2週あれば引きます)
すっぴんではこのように目立ちますが
うまくコンシーラー等でメイクして、隠していくのが有効です。


ちなみに右目はこんな感じです。
右閉眼
左同様にすっぴんですが跡もわからないし内出血も無し。
こういった感じでいきたいところですが
ちょっとうまくメイクをする、などの手間はかけさせてしまっています。
内出血は完全には防げはしない、とはいいますが
出来る限りは小さくできるように工夫は考えていますが
このようなケースもあるにはあります。
自分の肌の色に合ったコンシーラーを用意する、などの対策はある程度は必要、と思います。

何日かは糸を通した跡の赤みもあるので
そういったものも隠すのに、コンシーラーは非常に有効ですしね。



PS
拍手コメントへの返信です。


>匿名さん
埋没法後に開きが悪い場合でも
ある程度の時間を見ていけばおちつくことがほとんどです。

ただ、もともとの目の開きが弱かったり
極端に糸の止め方がきつかったりすると
長くかかることも想定できるので
一度糸をはずして、方針を変えて付け直す、というのも有効です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR