隠されていた部分が出てくる。

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。








今回は目頭切開の例です。
いつも通りビフォーアフターで見ていきましょう。
いろいろなお写真を見比べていくと
目頭切開ってこんな風に変化するものだ、というのが
だんだんとわかっていく、と思います。
さかのぼってブログのお写真 数を見てみると良いでしょう!


まずは手術前から見ていきます。
手術前
細かく見ると
蒙古ヒダのポケット様の部分は
左の方が強いです
ただ、ポケット部分の違いはあっても
右目の方も隠れている部分があります。
いずれにしてもヒダによるつっぱりはある、という事ですね。
左右共に目頭切開を行い
その影響を少なくしていきましょう。


抜糸時、手術から5日目です
抜糸時
まだ腫れもあり、多少の形のゆがみ、差異はありますが
変化としてはこのような感じ、と思ってもらってよいでしょう。

蒙古ヒダによる突っ張りをなくしていくと
白目や赤い粘膜部分、といった隠されていた場所が出て来て
そうなると、二重のラインが立体的に奥の方に引っ張られていたところが変わってきます。
左目のラインの方が狭いのですが
それでも少し末広型から平行型に近づいていこうとしている感じ、わかりますか?
奥に向かって引っ張られていたライン、なのですが
隠されていた奥が出てきたので、ラインのはじっこもあらわになった、というところです。

平行型のラインが欲しい、というとき
蒙古ひだの影響が強いと、なかなか苦しい場合もあります。
人によっては目頭切開を伴うことが必要、というわけですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR