目頭切開の変化がどんなものか わかりやすい例で把握してみよう!

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。






目頭切開の効果ってどんなかんじなのかな?
あまりよくわかっていない、という人にもわかりやすいかな、という例を
時間に沿ってみていきましょう。
経過を追うと把握しやすいと思います。


まずは手術前から見ていきます。
手術前
蒙古ヒダ
下手ですが左目の図。
蒙古ヒダ、とよばれる緑色の矢印で示した部分、そこを変えていきます。
蒙古ヒダというポケットのようになっているヒダのせいで、少し皮膚が引っ張られたり、突っ張ったりしているので
そこを軽減させることにより、引っ張られている部分が引っ張られなくなり
隠れていた図で言うと赤い部分が出てきます。

元々の目の形がきちんと出てくる、という感じです。
そうすると・・・

白目が大きくなる→目が大きくなる
目と目の間が近づく
という効果が実現できるわけです。

あと、そもそもも蒙古ヒダが嫌だ、という人にとっても
ヒダが目立たなくなるので良いでしょう。


ということで実際に変化しているお写真を見てみましょう。
手術終了直後です。
糸がついているのでちょっとびっくりするかも、ですが見ていきましょう。
直後
この時点で上のお写真と比較すると変化がわかりますね。

この例はわりとしっかり変化させた例。
もっとちょっとだけの変化にすることもできるし
このくらいきちんと変化させることも可能。
そこは調整が効くので事前によく話し合って決めます。


5日目、抜糸の際のお写真です。
抜糸時
傷跡の部分がわかりますね。
このあと少しして、ちょっと赤みが増してくる場合もあります。
化粧でうまく隠していけば、かなり目立たなくなるのでそこは頑張りましょう。
通常の経過の場合、抜糸をした翌日からメイクは可能です。


最後は1カ月目。
一カ月
この時点ですでに結構落ち着いています。
赤みもほとんどなく、傷自体もわかりにくい。
経過としてははやいほう、といえるかと。
もう少し落ち着くまで時間がかかる場合もあります。
半年くらい赤みが継続している、なんていうケースも通常の経過だとしてもあり得ます。
目頭切開は根気よく治るのを待つ必要がありますね。
といってもさっき書いたように、メイクで隠せてしまうので
そこは前向きにうまくやっていくのがよいでしょう!


今の経過を見てわかるように
この方法は変に戻ってしまったりしないです。
妙に引っ張るだけの方法などだと、時間の経過とともに形がくずれたりするのですが
そんなことはなく、綺麗に保ってくれます。
あまり変な方法での手術はもちろんおすすめできません!
効果なし、では困ってしまいます。


効果あり、という方法でも
変化の強弱の調整は可能なので
しっかりとはなしあって決めていきましょう!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR