はっきりしたラインが欲しい!

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。






今回は埋没法。
アイプチ等をしているうちにクセがしっかりして二重になる
時々聞くことがありますが
十分可能性はあります。
でも、誰にでも、どんなラインでも、というわけではありません。
その人に明らかに向いているラインがあれば
おのずと二重ラインがはっきりしたものになっていくのでしょうけれど
そうはいかないほうが勿論多いです。

そこで埋没法は非常に大きな力になる、というのは
いつも書いているところ。
切開法でもいいですが、やはり時間が取れない人も多いため
埋没法をいい形で使用してあげれば、と思います。

今回のお写真を見ていきましょう。
まずは手術前から。
手術前
少し左右でもクセの位置が違いますが
うっすらとしたクセがあります。
はっきりしたラインを生み出すべく
左右両目に施術を行います。


埋没法終了直後です。
直後
右の方がやや目の開きが弱まり
ちょっと下がる分ラインが広く見えています。
まずは様子を見ていきましょう。


ということで1週間目です。
一週間
かなり落ち着きましたね。
いい感じです。
細かく言えば、まだ少しだけ右の目頭側が広いような感じもありますが
すこしずつ滑らかに落ち着いていきます。
そういった意味ではやや時間がかかっている例ではありますが
メイクをすることによって、さらに自然に見えていると思います。
濃いメイクでなくともうまく効果を出していますね。


はっきりしたラインを手に入れる。
うまく埋没法を使う、というのも一つの方法です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR