広めのラインを埋没法で生み出す!

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。





今回は埋没法です。
今回も前回に続き、やや広めのラインを生み出した例です。


さっそく手術前からお写真を見ていきます。
手術前
一重っぽい印象ですが
よく見ると細めのラインがあるのがわかります。
更に広いラインを生み出していきます。


埋没法を両目に行った直後です。
直後
大きな腫れは無いですが
やや左の方が目が重い感じが強いかな。
重い感じ=開きにくい=目が細くなる、というふうになると腫れて見えやすいです。
ただ、目の開きさえ落ち着いて来れば、良い感じになってくるので
経過を見ていきます。
このぐらいであればすぐに落ち着いてきますね。

直後閉じ
手術直後の目を閉じた状態も掲載していきます。
ちょんちょんと跡が最初はわかります。
細かく糸が通ることにより、より自然で美しいラインを生み出せるように
この部分にも工夫がなされています。


最後は1週間目。
一週間
メイクも加わるとさらに良い感じですね。

目を閉じると・・
一週間閉じ
さしたる内出血も無かったので
この時点で跡がすでによくわからなくなっています。


前回、今回とわりと広めのラインの例が続きました。
ただ、埋没法を行ったら広いラインになる、というわけではありません。
どのくらいのラインがいいか?そこは狭いものもありだし、広いものもあり。
もともと広いラインの人が狭くしたい場合は難しかったり
埋没法では無理な広さ、という広いラインなどというケースもあるので
事前のカウンセリング時の診察およびシミュレートでそこを明らかにしていきます。
向いているライン、向いていないラインで分かれてしまう、ということです。
そこをしっかりと考えながら、ライン幅を決定していくことが大事ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR