広いラインの実現にトライ

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。






今回は埋没法で広めラインを生み出した例です。
広いラインがいい、狭いラインがいい
そこは人それぞれ変わってくると思います。

広いラインを希望している人には参考になる記事かと思います。
手術前から見ていきましょう。
手術前
ちょっとクセは見受けられますが
一重の印象。
広いラインを埋没法で生み出していきましょう。


手術直後です。
直後
広めのラインなので、最初の腫れがちょっと強く感じますね。
でも、広めデザインですがこのくらいの腫れで収まっています。

ちなみに目を閉じたときはこんな感じです。
直後閉
ちょんちょんと跡がありますがあまり目立たないですね。
すぐにわかりにくくなってきますし
少しして化粧をしてしまえばわからなくなってしまいます。


ということで1週間後のお写真を見てみましょう。
目を閉じたとき
一週間閉
こんな風です。

そして目を開くとこんな感じです。
一週間
かなり落ち着きましたね。
メイクでもっと盛ることによって、さらに目を強調することも出来ますね。
いろいろと可能性は広がります。


広いラインは最初の腫れを多く感じますが
希望する人にとってはもちろん得られるものが大きいです。
狭いラインを考えることも出来るし
幅はそれぞれの考え方です。
しっかりと考えながら方針を決定し
手術で規模のラインを手に入れましょう!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR