前回の続き 目頭切開の経過を追う

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。





前回掲載した、「左右を揃えた目頭切開の例」の続きです。
今回は経過を追ってみます。
お写真を時間に沿って掲載するので見てみてください。


まずは手術前
手術前
目頭切開を左右の目に行っていきましょう!


手術終了直後です。
直後
糸がついていますね。
形の変化はこの時点でもわかります。


ということで糸を取っていきましょう。
抜糸時(5日目)です。
抜糸時
まだまだ落ち着いていない状態なのがわかります。
なんとなくまわりが黄色いのが内出血です。
内出血は多少、というケースです。
もう少し出る人もいますね。
ただ、もっともっと内出血が多く出たとしても
もう1週くらい、手術から2週間くらいすれば落ち着きます。


最後は1カ月目です。
一ケ月
まだ傷は完璧ではないですが
随分落ち着きました。
いい感じですね。

傷に関しては、この患者様の場合赤みもあまりないですが
1か月くらいだとまだまだ赤みが残っていることも十分あり得ます。
ゆっくりと落ち着いていくので
最初のうち傷が目立つケースでも
化粧等で隠しながらじっくり経過を見守っていくことが大事です。
半年、1年という長いスパンでも考えていくことが重要なわけです。
切開という行為を行うと、そういった部分で時間がかかりますが
うまく付き合っていけば傷を目立たせず生活は可能だ、といえるので頑張っていきましょう。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR