左右を整える目頭切開

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。




今回は目頭切開です。
やや左右差があり、そこを揃えつつ変化をつけた例。
非常に良い結果が出ている、と思うので
お写真で見てみてください。
上が手術前、下が1カ月目です。

手術前

一ケ月

右目は非常に微妙な変化。
といっても細かく見ればやはり変化しています。
でもわかりやすいのは左目。
ビフォー、アフターを比較すると変化ははっきりします。
左右が揃ったのが見受けられます。
左は白目の面積が小さかったので
変化量も大きくなったわけです。
バランスが変化しましたね。

また傷は完全におちついてはいないですが
そこを加味しても十分いい感じではないでしょうか。


左右差がある目に対する目頭切開は難しいパターンが多いのですが
今回は素直に差を埋めることができました。
最初のデザインが物を言うので
施術直前にしっかりとそこを検討していくことが大事です。
1カ所、そこだという点が決まればあとは目にあわせてわりと機械的にデザインできるのですが
その1点を決めるのが重要だし難しいところ。
どこまで変化させるか、その度合いはその1点の位置でほぼほぼ決まっていくのです。
鏡で見てもらいながらどのくらい変化させるかを決めていき
僕なりの経験に基づく考え方でその点を決定しています。
気の抜けない、でも非常にやりがいのある部分です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR