クセをそのままいかしていこう

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。







今回は埋没法。
クセの付きやすいライン幅をうまく生かした例です。


まずは手術前から。
手術前
ややクセの位置に差がありますが
なりやすく自然な幅、と考え、そこを生かして埋没法を行っていきます。


手術直後です。
直後
両目ともにやや広く出ています。
でもこのぐらいの腫れであればすぐに落ち着いてきます。

目を閉じてみると・・
直後閉
もともとクセがあったので
目を閉じても線がある感じです。



1週間経過時も見ていきましょう。
1週間
1週間閉
目を閉じたとき線が入っていて
もはや普通の二重の人と区別がつかないですね。
こんな感じだと手術をしているしていないがわかりづらいです。

クセをそのまま生かし、普段通りのラインを実現する。
アイプチ等でやっていたライン、ともなると
時間が経ってしまうと他人からはよくわからない、という例ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR