大きくなくとも確かな変化の目頭切開

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
目頭切開、埋没法、切開法 お写真モニター随時募集しています。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。





今回も前回に引き続き目頭切開の例です。
前回がわかりやすい変化だとすれば
今回は比較すると変化としては小さい。
でも細かい意味で言うと確かな変化です。



お写真で比べて見ましょう。
上が手術前
下が手術から1カ月目です。


術前

術後


目頭部分が変化しているのがわかりますか?
目の形、という観点ではあまり変わりはないですが
白目の面積が変わっています。
ちょうど同じようなコンタクトをしているので比較しやすいかと思います。

もっと大きく変化させることも可能でしたが
事前によく話し合い、このぐらいの度合いをしっかりデザインして施術しました。
どこまでの度合いで変化させるのか、という部分は非常に重要なポイント。
そこをきちんと決めてそれに合わせてデザインをしていきます。
度合いが決まれば、おのずと切開するデザインも決まっていくのです。
経験則に基づいた部分と理論に基づいた規則的な部分との絶妙な融合。
手術前に一番気を使っている部分です。


今回は大きくない変化、と書きましたが
患者様本人の満足度は非常に高いものでした。
大きい変化にせよ、小さい変化にせよ
求めるものをしっかり意識し、そこに向かってデザイン、施術をしていけば結果はついてきます。
自分の目指す目頭はどんなものなのか。
そこをまず考えていきます。
そしてカウンセリングを通して、目頭切開という手術でそれが可能なのか、不可能なのかを明らかにしていきます。
施術に向かって、ステップをしっかり踏んで臨んでいくことは大事ですね。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR