目頭切開・・きちんとわかる変化を求める場合

今回は目頭切開です。
目頭の変化をしっかりと見て取れる例です。

いろいろな方のお写真を掲載していますが
変化量はひとそれぞれ
ほんのちょっと、のひともいれば
大きく変える人も。
いろいろなパターンを見てみて
自分はどうしたらよいのか?を考えてみてください。
変化が必要なければ手術をしない、という選択肢もありです。



まずは手術前です。
手術前
蒙古ヒダがわかりますね。
強くはないですが、その部分を整えていきます。

今度は1カ月目。
一ケ月

ちょっとアングルの差が大きいかな
アゴを引いてるのと引いていないのと。
ラインのかたちはそれで差が出ていますが
(今回はライン幅を変えるような手術はしていません)
目頭の形の変化ははっきりわかりますね。

隠れていた部分がしっかり出ていて
シャープな印象になりました。
なんとなくまだ傷はわかるかな、というところですが
変化はわかりやすいです。
目と目の間の距離の変化もあります。


シャープ、と書きましたが
シャープさが出てくると大人っぽく見えます。
鼻筋が通ったり
アゴがしゅっとしていたり
いろいろな部分がありますが
目頭にも言えます。
そんな効果もあるわけですね。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR