埋没法 目を閉じたときの経過

年末モードまっただ中です。
(そんなこんなで少し更新があいてしまいました・・!)
世間は休み突入ですが
がんばっていこうと思います!


今回は埋没法。
目を閉じたときの跡がどんなものか気になる、という声もあり
ちょっとお写真見ていきましょう。


手術前です。
手術前
両目ともラインがありますが
更に広げていく目的で埋没法を両目に行います。



手術直後です。
開いたところ
直後
閉じたところ
直後閉
閉じるとすこしだけ線のように見えていますね。
ただ、糸をとめたところだけクレーターのようにくぼんでしまっている、というのもありません。
「埋没法直後の目を閉じたときのくぼみ」はよく聞かれる質問です。
極端なくぼみがあればあるほど、術直後の目の重さが多く出て
腫れて見えてしまうことが多い、と分析できます。

両目をきちんと閉じたときはほとんどくぼみがなくても
片目だけを開いて自分で見てみようとすると
やや変な風に見えるときもあります。
心配しすぎずに経過を見守っていくことが大事です。


ということで1週間目です。
開いたところ
一週間
閉じたところ
一週間閉
目を閉じてもよくわからないですね。
化粧をしている、というのもあるけれど
跡も見えません。


この「跡」ですが ぽちっとした跡、糸の結び目がわかる、という人も中にはいらっしゃいます。
「目を閉じたときにわかる」だとか
「黒い点が見える」だとか
明らかにわかる人は少数です。
でもそれを嫌って、結び目を裏側に持っていく方法もあります。
また後日詳しく書こうと思っていますが
そういった方法を選ぶこともできるので
そこはカウンセリングの際などに相談いただければ、と思います。


ただ、いろいろな施設で行った手術の術後で
裏に結び目がある、といっても
表側で糸が目立っているケースも何度も見たことがあります。
結び目以外のところが目立っているパターンですね。
そういうのもあるのです。
結び目を表にしようと、裏にしようと
その他の部分も含め手術全体に気を配ることが非常に大事です。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR