微細な目頭切開+埋没法で印象を変える

今回は目頭切開+埋没法の例。
手術の種類を重ねるとどんどん変化して不自然になるのかな?という考えは浮かぶと思います。
不自然かどうかともかく、限界があるにせよ大きく変化させることも可能です。
でも少しの変化をうまく組み合わせることも可能です。
今回のお写真で見てみましょう。


まずは施術前。
手術前
二重はあるのですが
ラインとしては奥二重に近い。
目尻に多少ラインが見える程度、という感じなので
埋没法でもう少し広げたい、とのこと。
あとは同時に目頭切開も行います。



手術から1ケ月経過時してのお写真です。
一ケ月
ラインをすごく広げたわけでもないし
目頭切開もどかん、と変化をつけたわけではないです。
更に化粧も含めての少しずつの変化の組み合わせ
それが総合して、確かな変化を魅せています。

手術を組み合わせたからといって
やりすぎなければ不自然になるわけでもない、という好例です。
もちろん、もう少しそれぞれの手術の変化を大きくしても
そんなに問題は無いと思いますが。



細かく見ていくと、目頭切開は目自体の印象をそこまで変化させていないのですが
目の横幅が大きくなっています。
目と目の間の距離もそれに伴って近づきました。
こういった効果は出ているのです。

あとはラインに関しては
黒目の上あたり、中心付近の幅が見えるようになっています。
すごく広くしなくても、目が大きく見えるのはそのあたりが理由です。

もちろんメイクの力、コンタクトの力は大きいですが
ベースである目に変化が生み出されていることは
非常に意味があることなのです。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR