一重の目から腫れの少ない変化で。

ドクター松井クリニック 院長の松井です。

12月施術希望の方ははやめにカウンセリングをお受けください。
埋まってしまっている時間帯が増えてきています。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。






今回は一重→二重の変化。
一重、といってもいろいろな目のパターンがもちろん存在して
二重ラインを生み出しやすいタイプとそうではないタイプに分かれます。

切開を行い、目の開きを良くしたり余分な皮膚を取り去ったり
そういった少し大きめの手術が必要になるケースもあるわけです。

ただ、簡易的な方法とも言える埋没法で可能なケースも多いです。
埋没法、というもので無理なくどれくらいのことが可能なのか?
そこをチェックしつつ考えていかねばなりません。

今回の患者様の場合は
無理なく十分にしっかりしたラインが可能でした。
手術前から見ていきましょう。
手術前
なんとなく薄いクセをみてとれるような、とれないような。
埋没法でラインを生み出していきましょう。


埋没法直後です。
直後
泣いた後のような、微妙な腫れ。
ちょっとだけ目がひらきにくくなっている、というところでしょうか。


最後は1週間目。
一週間
2番目のお写真とあまり変わらないような、という気もしますが
時間が経っていい感じに落ち着いております。

無理のない変化を求める場合は
特に腫れを少なく抑えやすいです。
多少の腫れを覚悟でチャレンジする場合もあるのですが
今回の患者様のラインは自然で非常によい感じではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR