あまり大きく変えたくなくて目頭切開は可能かどうか

ドクター松井クリニック 院長の松井です。

12月施術希望の方ははやめにカウンセリングをお受けください。
埋まってしまっている時間帯が増えてきています。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。






今回は目頭切開です。
大きくはないけれども、うまく自然に印象を損ねない変化の例です。


上が手術前 下が1ケ月後です。

手術 前

一ケ月

どうでしょう。
2枚を比べて見ると・・・
ぼーっとみると あまり違わない。
いや、ちゃんと見てもあまり変わらない、というひともいるかもしれません。

でも、目頭切開的な視点で見ると
やっぱり変化を遂げています。
わざとらしくなく、あまり印象を損ねずに。
でも目頭は変化している。
こまかな変化ではあるけれどもやはり違う。
蒙古ヒダにひっぱられることで目頭の形が決まっているのですが
その引っ張られ方が微妙に変わっているわけです。

こんな風に少しの変化を望み、目頭切開することでそれを手に入れている人もいるのです。
しっかりとしたヴィジョンがあれば、小さな変化での施術に踏み切るのは「あり」だと思います。

ただ、しっかりと考えていかないと
少ししか変えずに失敗してしまった!もっと変化させればよかった!、なんてことになりかねない。
やりすぎ、はもちろんダメですが
変化しなさすぎ、も後悔につながる可能性がある。
迷いがある時は施術に踏み切らないほうがよいかもしれません。
でも、しっかりした考えを持って臨めば、恐いことはありません。

なかなかどのくらい変化させたらいいか、を考えるのは難しいですが
ひとつには「切り抜き」という方法があります。
自分の好きな、もしくは望むような目頭の形をしている写真を、雑誌etcで見つけたら切り抜くようにする習慣をつけて
ある程度の期間それを繰り返して、写真をためていきます。
けっこうたまったなー、というころにそれを見返していくと
自分の好みの傾向が客観的に把握できて、考えが固まりやすい、そんな方法です。
現代だとスクショでためていく、なんてやりかたもあります。
迷いのある人はたくさんの写真を集めて考えてみてください。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR