一重の目にラインを生み出していく。

ドクター松井クリニック 院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事は施術例のお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。


質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回の変化は一重からの変化。
決して大きな変化ではありませんが
さりげなく、でも効果的なもの。
美しく目を映えさせています。


大きく変化すると周りの目が心配、という人もいえるでしょうし
微細な変化を求める人は多いのです。
僕の方も、細やかなラインを生み出し、目を本当にさりげなく映えさせることは非常にやりがいのある仕事だ、と思っています。



では今回の例です。
お写真の方、まずは手術前から見ていきます。
手術前
一重まぶたの目です。
ちょっと目が重く見えがちなので
左右共にラインを生み出していくこと希望でご来院されています。


埋没法で左右にラインを生み出していきましょう。
直後
大きな腫れは無いですが、やや腫れています。
あと、少し目の開きが弱まっていて、それで開きづらくなっていて少しだけラインが広く見えます。


一重まぶたの目にラインが生まれると
目が大きく見えます。
ラインができる分開きが大きくなるからです。


上記した目の開きづらさとラインができて目が開きやすくなる
このプラスマイナスで、ややプラス
上の写真よりもやや目の開きが大きく見えています。


最後は1週間目です。
壱週間
さりげないラインに落ち着いていますね。
表情が微笑んでいるので、すこしだけ目が細くなっておりますが
実際にお会いすると、写真のビフォー・アフター以上に目の印象は美しく映えて変化しています。
でもすごく変わってしまった、だとか劇的な変化、などといったものではありません。
あくまでさりげなく目が美しく変化しているのです。


こういったちょっとした変化を求める、という希望は実は多い。
もっと狭いライン、ほとんどラインの見えない奥二重の目を求める人もいらっしゃいます。
大きく変わってしまうのではないか?などと気にされる人もたくさんいるとは思いますが
そういった要望も可能なわけです。
もちろんちょっとした変化でのモニターも受け付けていますし
そこはご相談ください。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR