ラインを整え、平行型を実現。

今回は大きく幅を変えずに、目頭側のラインを整えた例。
どういうこと?
といったところですけれども
外側の幅を変えずに内側の幅を変え
末広ラインを平行ラインにした、というところ。

大きく幅はかわっていないものの
印象の変化はけっこうあります。


実際に見ていきましょう。
まずは手術前からです。
手術 前
末広型のラインがもともと存在します。
ここにラインを生み出していきましょう。


埋没法終了直後です。
直後
中央~内側にかけてのラインが広くなりました。
ちょっとだけ腫れていますが
すでに結構自然です。
わりと素直に出やすいラインを選択した場合はこんな風に素直に経過することが多いですね。
広い、広くないというよりは、なりやすい、出やすいラインという感じでしょうか。
無理のないケースだ、ということです。


最後は1週間目です。
一週間
アイラインが入ると、更にラインが落ち着いて見え
それでいてなおかつ目が大きく見える、というか。
メイクをしても幅がきちんとある二重ラインになった、というところ。

末広、平行 どちらの形にも良さはあります。
あとは好みでしょうね。
自分の好みにあったうえで、不自然にならずに素直にラインが出しやすい。
今回は非常に良好なケースだった、と言えます。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR