ラインの無い目にしっかりとしたラインを。

今回は埋没法です。
一重の目にラインを生み出した例。
しっかりとしたラインを生み出していきましょう。



まずは手術前からです。
手術前
ラインらしいラインは見受けられないので
左右に埋没法を行い、ラインを生み出していきましょう。


手術終了直後です。
直後
少し腫れに左右差があり
そういった差があると腫れて見えやすいです。
ややもともとの目の大きさにも差があるので出やすいものと思いますが
どんどん落ち着いてくるので様子を見ていきます。



最後は1週間目。
一週間
ラインが生まれ、メイクが加わると
目の大きさがかなりそろって感じますね。
いい感じです。


割と素直にラインが出るタイプの目でした。
やや腫れは出てしまいましたが。
一重の目の人の場合には
まぶたが厚い→脂肪が多い、皮膚が多い
等というケースもあり、そういった人の場合はなかなかラインを生み出しにくいこともあります。
カウンセリング時のシミュレートで確認し
どういったことが可能か?というのを考えていきます。




PS
平日限定の割引モニターは継続して募集しています。
以前と変わらずに行っていますが
またあらためて情報をしっかり記しますね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR