ラインの差が少しだけある目に。

今回は埋没法。
ちょっとだけラインに差がある目。

といっても末広型で
見えているラインの広さ、というもの自体は変わらないのだけれども
本来の幅の差で微妙に目の大きさに差が出ている、というケース。


実際のお写真で見ていきます。
まずは手術前からです。
手術前
よーく見て比べると、どうも左の目の方が少し小さく見えます。
下垂のように見えますが、ラインの広さ、とくに中央から内側にかけてのラインの広さに差があったので
左目に埋没法を行う、という方針をたてました。



埋没法終了直後のお写真です。
直後
見えているラインにほとんど差はないのですが 
(やや腫れて、少しだけ目尻側が広く見えますが)
左目の目の開きが大きくなり、すでに左右が揃って見えます。


埋没法を行うと、一時的に目の開きが重くなり
かえって差が大きく見えるケースもありえますが
今回はそういった症状もほぼなく、いい感じです。



最後は1週間目です。
一週間
もうほぼ左右差はなく見えますね。
手術前はけっこう緊張されていましたが
結果も出て、非常にリラックスしていて、いい表情になっています。
(全体ではないのでwかありにくいですが)


ラインの差がある場合に、そのちょっとした差を是正していくというのは
埋没法が有効かつ、腫れを少なくとどめやすいパターンです。
目の開きの能力自体に差があったりするとまた話は変わってきますが
今回のケースは、無理なことを望むのではなく
いいかたちの変化の計画をたてることができたので
良い結果につながったと言えます。



PS
拍手コメントへの返事です。
ちょっと不備があり、返信遅れてしまい申し訳ありません!


>さくらさん
ラインが消えてしまうことが多くなってしまった場合は
再手術を行うのが有効です。
それは考えてよいと思います。


>よぴさん
ありがとうございます!
カウンセリングでいずれお会いしましょう!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR