ごく自然な変化を生み出した切開法

今回は切開法の話です。


切開法(全切開法)で二重ラインをつくる場合
すごく派手で不自然なラインになってしまうのではないか
極端な目になってしまうのではないか
そんなふうに考えている人は多いです。

でも、そういう形にしよう、と計画して手術を行えばそうもできるし
広くない、自然なラインを生み出そう、と計画して手術を行えば
非常に自然なラインを獲得することも可能になります。

今回はそういった例。
自然でさりげないラインを実現する切開法の例です。



before after で見ていきましょう。
上がビフォー(手術前)
下がアフター(1か月後)です。

手術前

一ヶ月

末広型のラインを切開法で生み出しています。
派手な変化はないですが自然で非常にいい感じではないでしょうか。


全切開を受けたとしても
このようにわざとらしくない変化は十分可能だという事です。
埋没法で戻ってしまうことを繰り返したりする場合に
全切開法は強い武器となります。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR