埋没+目頭切開で目をより大きく、はっきりしたものに。

今回は目頭切開。

蒙古ヒダが気になる、という人には強い味方となる目頭切開。
蒙古ヒダと呼ばれる皮膚の突っ張りによって隠された目の部分を出していきます。
まずは手術前、見ていきましょう。
手術前

目頭切開と埋没法を行い1カ月目です。
一ヶ月
ラインがちょっと浅いのもあって、目のはっきり度が左右で違ったので
左右が揃うようにラインをしっかりしたものに生まれ変わらせるべく
埋没法を両目に行っています。

そして目頭切開。
もともと目頭側の粘膜の赤い部分がある程度見えるタイプではあったのですが
より多い面積が見えています。
すこしお写真でみるとわかりにくかな。
実際に会うと、けっこう大きな変化であることがわかります。

メイクの力も加わって、かなり目がはっきり、かつ大きいものとなりました。
非常にいい感じです。

あとは傷の部分。
目頭切開の傷がよくみるとまだわかるかな、と。
メイクをしていると今度は実際に会うほうがわかりにくいのですが
まだ治りの途中、と言えます。
時間をかけてより落ち着いていきます。

傷については
目頭切開のコーナーで 1カ月目、半年、と比べたものを少し前に2例ほどアップしているので
そちらも参考にしてみて下さい。
時間が経っていくとけっこう綺麗になっていきますよ!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR