目頭切開の経過写真 長期的な創部の状態

前回に引き続き目頭切開の経過を見ていくシリーズ。
ある程度時間が経ったときに
目頭切開を行った部分がどんな感じなのか。
前回同様メイクをしていない状態で見ることができる写真を掲載します。



上が手術前、下が5カ月です。
どちらもノーメイク、すっぴんの状態です。
手術前

術後


どうでしょうか?
はっきりした傷の感じはもはやないですね。
お写真よりも実際に見る方が更にわかりにくいです。

もっと早い時期だったとしても
メイクしだいではまるっきりわからないかと。





5か月くらい、ということで完全には治りきっていないのかもしれない時期ではありますが
このようにいい感じです。
印象は大きく変わっていないけれど
よく見ると目頭側の白目の面積も大きくなっていて
不自然さは全くなく、良い変化が出ているわけです。
治り、という点では前回の症例の患者様に比較すると
この方の方が経過が速かったです。
前回の記事と今回の記事、合わせて読んで参考にしてくださればと思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR