はっきりした幅のラインが欲しい。

今回は埋没法です。
多少のラインがあったとしても
目を開いた時にはあまりはっきりした幅にならない。
奥二重、もしくは目尻側に少しだけラインが出ている、という感じ。
そういった場合、より広い幅のラインを求める人もいらっしゃいます。
今回もそういったケースです。

まずは手術前から。
手術前
狭いラインがうっすらと見てとれます。
でも、もっと主張する幅のあるラインを希望して来院されました。
埋没法を左右両方の目に行っていきます。


埋没法終了直後です。
直後
ちょっとむくみがある感じというか。
やや腫れがあるのがわかります。
ここからどんどんと滑らかに落ち着いていきます。


ということで最後は1週間目です。
一週間
かなり落ち着き、左右ともに幅のあるラインに生まれ変わりました。
幅もしっかりと主張するけれども広すぎず、良い感じではないでしょうか。
先ほどの写真では、少し目が重くなっていたものの、それもすっかりもとに戻り
ライン幅の分、目が大きく見えています。
広くしすぎると、眠そうに見えてしまったりするケースもありますが
このくらいであれば問題ないですね。


眠そうに見えるケースは
目の開きの大きさとの兼ね合いで変わってくるので
バランスを良く考えながらライン幅を決定していかねばなりません。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR