Z法 直前後の写真での比較。

目頭切開っていうのはこんな風に変わる
それがわかりやすいお写真かな、と思うので
手術前、直後の比較を掲載していきます。

蒙古ヒダ、と呼ばれる部分により
ひふのつっぱりが生まれ、隠れる部分が出てくる。
その隠されている目を出してあげるのが目頭切開だ、と言えます。
蒙古ヒダ
前にも使った稚拙な図(笑)
緑の矢印が蒙古ヒダを指しています。
赤い部分の本来の目の輪郭が隠されている、と。

隠された部分がきちんと出てきたうえで
変に戻ってしまうことがなく
しかもどこまで隠された部分を出すか、というコントロールがしやすいので
僕はメインでZ法、などと呼ばれる方法を使用しています。


Z法

これも前に書いた図。
Z型に切って、持ち上げて入れ替える。
言葉で説明が難しい。
知りたい場合は、カウンセリングで図を書きながらお話しします。



お写真で見てみましょう。
上が手術前
下が手術終了直後です。

手術 前


直 後

ヒダで隠された部分が出てきて
その分、目の横幅が長くなります。
目と目の間の距離も近くなっていますね。
目頭切開を行った後には、こういった変化が起きるので
それが自分にとってメリットがある変化かどうか、というのを吟味する必要があります。

目と目の間がはなれ、蒙古ヒダにより目頭がまるっこい方が
子供っぽく、かわいい系として見えます。
目と目の距離が狭まり、目の横幅も変わってすっとした目に見えると
大人っぽい印象になってきます。
どちらがよいのか?どちらが好みなのか?
そういった点でも目頭切開を受ける・受けないはわかれてきます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR