ラインを少しだけ広げていく。

今回はもともとラインのある方が
少しだけ広げた例です。
少しだけ、といっても効果のある変化。
お写真でチェックしてみてください。


まずは手術前からです。
手術前
左右共にきれいなラインが存在しています。
この時点でも十分綺麗な目ですね。
更に広いライン、といってもむちゃくちゃ広げるわけではなく
少しだけ広げる、というのを埋没法で行っていきましょう。


埋没法終了直後です。
直後
ちょっとだけもたついた感じ、というか。
やや腫れていますね。
ちょっとだけ目の開きが弱まっているのもあるかもしれません。
どんどん落ち着いていくので様子をみていきましょう。


ということで最後は1週間目です。
一週間
一枚目と比較して、大きな変化はありません。
でもやっぱり変化しています。
全体的に少しずつラインが広がった、というもの。

2枚目のお写真のときは、もう少し全体的に広いかな、というところ。
これが腫れていた部分になるわけです。
落ち着いて、いい感じですね。

狭いラインがよいのか
広いラインがよいのか。
好みはその人その人、それぞれのセンスです。
広げるべきか否か。
どれくらい広げるか。
十分に検討して、自分の求めるラインを手に入れましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR