ラインを広げる一例。

ラインを広げる。
文にすると簡単です。

でもいろいろなケースがある。
ありすぎるほどにあるわけです。
人によって違うから写真を見てもしょうがない、という意見もあるのでしょうけれども
いろいろな写真を比較してみて
自分の中でイメージを少しずつ固め
その上でカウンセリングという場でシュミレートをしっかりと行い
利そうと現実を突き合わせて考えていくしかありません。



今回もラインをひろげるお話しです。
まずは手術前のお写真から。
手術前
両目ともにラインはあるけれども
あまり広くない。
ここに広さのあるラインを生み出していきましょう。


埋没法を両目に行った直後のお写真です。
直後
少し目の開きが弱くなっています。
そのせいでラインが広く見え、腫れて感じやすい。
軽い下垂状態になっています。
これがどんどん変わってきます。


最後は1週間目です。
一週間
メイクも加わり、術前と比較するとやはり目が大きく見えますね。
ある程度の広さのラインを生み出すとなると
多少今回のように腫れる時期がありますが
それでも引くのははやいです。


どこまでのラインを考えるか、というのは
本当にひとりひとりの考え方で変わってきます。
しっかりと考えて手術に臨み
希望の幅を実現すべく頑張っていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR