「いつもの」目を、埋没法で手に入れる。

普段メイクをしているときにはラインがある。
いろいろなパターンがあります。
つけまつげをつけると出る人。
アイプチやメザイクを使っている人。アイテープもありますね。
しばらくつけておくと一日もつ、なんて人もいます。

そういったラインを埋没法によって
しっかりとした形で手に入れる。
いろいろな手間が省けるし、目を閉じたときも自然だったり。
今回はそういった例、と言えます。


手術前のお写真、見ていきましょう。
手術前
薄いクセは左に見受けられます。
この辺りが普段メイクで作っているラインなのかな?という感じ。
ただ、はっきりしないです。
右はほとんどわからない。
埋没法でしっかりとしたラインを生み出していきましょう。

手術直後です。
直後
上下のお写真と比較するとわかりますが
コンタクトがはいっていない、ということを差し引いても黒目が小さいです。
これは糸がついたことによって、目の開きが一時的に弱まっているせい。
目が重くて、開きが小さくなっているので、ちょっと腫れを感じやすくなっています。
腫れ、という意味では多くなくとも、この下垂によって初期はどうも変に感じるわけです。
でも、どんどん開きは戻ってくるので、様子を見ていきましょう。


ということで最後は1週間目です。
一ヶ月
落ち着きましたね。
目の開きも戻った上にメイクも加わり、目がきれいに映えています。
ひとつ前のお写真と比較すると
そんなに極端に目の開きも悪くなっているわけではないのですが
少しの開きの弱さがけっこう差を生んでいる訳ですね。
この辺は2~3日で変わるのでまずは辛抱です。
2日ほどして、メイクをすれば腫れはわかりにくいのではないかなと思います。


いい感じに目を映えさせる美しいライン。
非常に良い効果を生んでいるのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR