目頭切開、大きく変えるか少しなのか。

今回は目頭切開のお写真。
わりと大きく変化をつけた例です。
手術を考えている人のなかには
大きい変化を望む人もいれば
小さな変化の方が良い人もいます。
いろいろな人の手術例のお写真を比較して自分がもし変化するのであれば!?
というのを考えてみてください。



お写真で比較してみましょう。
上が手術前、下が手術後1カ月です。

手術前

一ヶ月


目の横幅の変化がわかりやすいですね。
目と目の間の距離も近づいています。
同時に当然ながら白目の面積も変わっています。
蒙古ヒダ、と呼ばれる部分のつっぱりによって隠れていた部分がしっかり出てきたわけです。


どこまで変化させるのか?
この点に関しては調節は可能です。
ただ、あまりすこしでは変化がない、それならば手術をしないほうがいいですし
無茶苦茶に引っ張ったように変えることは無理です。
変化させる範囲はある程度決まってはくるのですが
その範囲の中で、どこまで変化させるかはしっかりと決めていかなくてはなりません。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR