隠れた白目を出す手術。

今回は目頭切開のお写真です。
ものすごく印象が変わって、別人になっている、というものではないのですが
確かな変化を生み出すのが目頭切開です。

いろいろなお写真を比較して見ることで
その効力を感じ取ってみてください。



では今回のお写真です。
上が手術前
下が手術から1か月後です。

手術 前

1か月後

一見変化がわかりづらいですが
よく比較すると内側の白目のかたちが変わっている部分がわかります。
手術後の方が白目の面積が大きいですね。
ヒダによるつっぱりが軽減して隠れている部分が出てきたわけです。
その分少し目と目の間も近づいています。


目と目の間の距離はある程度は近づくので
蒙古ヒダの部分を何とかしたい!というときでも
あまり目と目の間が無いもしくは近い、そういうタイプの人の場合には目頭切開は向いていない、と言えます。
目を近づけたい人には良いですね。


今回のケースでも
もともと離れ目、というかんじはないですし
手術後も近い!という印象ではないので
通常の場合の目の距離の問題はこういったところでしょうか。





PS

今回はなんだか元の写真が暗くて
あかるく補正してみたもののいまいちでした・・
明るくしようとするとなんだか白く飛ばしたインチキみたいで難しいですね。
写真の撮り方もいろいろ考えてみます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR