目元の形を整える。

今回は目頭切開。

大きな変化ではないことが多い目頭切開。
今回のお写真も AFTERだけ見ると、「いかにも目頭切開をしました!」という感はないのですが
BEFOREと比較すると、その変化のほど、その効果というものがわかってもらえると思います。

上がは手術前です。
下は1か月後。

手術前

一ヶ月

手術前のお写真をみるだけではわかりにくいですが
蒙古ヒダの効果で、隠れている白目の部分がけっこうある目です。
ヒダ自体があまり張って見えていないのですが
つっぱっていて隠れている部分が多い、と。

そこを目頭切開で変化させていきます。
ということで1カ月後のお写真のような変化になる、と。
もっと変化させようと思えば強く変化させることも可能だったのですが
話合って、このぐらいの変化を生み出しました。


このあたりはさじ加減。
そのさじ加減の度が過ぎると、「いかにも感」が増えてしまうのかもしれません。
ただ、変化を恐れすぎて「ちょっとだけ」にこだわると、それはそれであまりに変化しない、という事になりかねない。
ほとんど変わらなかったね、では意味がない。
それならやらない、という方が良いからです。


もちろん目頭切開手術を行わない、という選択もアリです。
ただ、きちんとした変化が欲しい場合には
どこまで変化させるのか?をきちんと考え
それに即した手術を行わなくてはいけないです。


今回のお写真のケースも
横方向への変化が生み出されて
大人っぽい、美人系寄りの目への変化といういい効果がうみだせたのではないでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR