クセをいかし、さらにはっきりと。

クセはある程度つくのだが消えてしまう
一時的しかつかない
全然クセづかない

アイプチやメザイクでラインを出している人たちは
ラインのクセ、というもので上記のようにいろいろとパターンが分かれます。

今回はクセを生かして埋没法を行っています。
お写真で見てみましょう。 
まずは手術前からです。
手術前
左右比較すると、右は明らかに狭いですね。
左はけっこうクセづいているのですが、それでもちょっと浅かったり、消えたりするということで
両目に施術を行うこととなりました。

埋没法を両目に行い、直後のお写真です。
直後
直後ではありますが、腫れがあまり目立ちませんね。
すでに非常にいい感じです。

最後は1週間目。
一週間
腫れが少なかったので、あまり大きな違いはないです。
広いラインですが、あまり違和感ない感じに仕上がっています。
やはりクセづきやすい場所は、このようにうまくいきやすい。


逆に、クセがつきにくい場所はやはりなりにくい場所とも言えます。
事前のシミュレートで「どうもでにくいライン」、なんていうのはなかなか厳しい。
なんとなく不自然になってしまったり、変に戻りやすかったり。
ある程度チャレンジする場合もありますが
無理なく、いい位置を探せれば、それに越したことはありません。
自分の目を把握していくことが大事ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR