微細な変化を目頭切開で。

蒙古ヒダの部分を調整する目頭切開。
今回は微細ながらも確かな変化を生み出した例です。


さっそくお写真で見ていきましょう。
上が手術前
下が1カ月目です。

手術前

一ヶ月
大きくイメージが変わっているわけではないですが
よく見ると目と目の間の距離が変わっているのがわかります。
黒目の内側の白目の面積がけっこう変わっているのです。

目頭切開、という「切る」行為を伴う手術を行うからと言って
雰囲気ががらっと変わってしまう、というわけではないケースも多い。
こんな風に確かな変化ではあるけれどもさりげないイメージチェンジ、ということもできるわけです。

もっと小さな変化だけにとどめることもできるし
実際そういった細かい変化の手術を行うこともあります。
でも、きちんと自分の思う形まで変化させないと
変わらなさすぎてしまった、変化がなかった、はあり得ることなので要注意です。
もちろん変えすぎ、も注意ではありますが。
どのくらい変化させるのか、は非常に重要な部分です。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR