前回に続き、狭いラインを生み出した例

今回も前回に続き、狭いラインの例。
前回は一重まぶたからの変化でしたが
奥二重のラインを広げたのが今回のパターンです。



まずは手術前から見ていきます。
手術前
奥二重のラインはあるのですが
もう少しだけ目をはっきりさせたい、ということで
少しだけ両目共にラインを広げていきます。

ちょっとだけ目の上にくぼみがあるので
やや工夫が必要になってきます。
切らない眼瞼下垂、というような手術の時の糸のつけ方に近いです。
ミューラー筋タッキング、というように書かれているものと似ているのですが
上眼瞼挙筋腱膜の部分に作用させるようにして
くぼみに対抗できるようにして行っています。

手術直後です。
直後
直後ですが腫れも少なくすでに良い感じです。
くぼみもちょっと目立ちにくくなっているかな?


最後は1週間目です。
一週間
ある程度落ち着くとややくぼみは見受けられます。
ただ、手術前より目立ちにくいです。
まだ少し腫れは見られるかな、というところですが
ここはゆっくり見ていきます。


こんなような糸のつけ方、目をはっきりさせる方法というのは
目の上のくぼみが気になる方には有効ですし
通常の糸のつけ方ではラインが出にくい場合もあるので(もっとくぼみが強い場合などにはけっこうあり得ます)
工夫をして行っています。
埋没法、とひとくくりに言うにしても
実はいろいろと考えられるわけです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR