狭いラインでも確かな変化が。

今回は埋没法。
狭いラインが目に生み出す効能について。

大きな変化ではないけれども
効果的で確かな変化。


さっそくお写真で確認してみましょう。
まずは手術前から。
手術前
左右共にラインが無い一重の目です。
ラインを生み出していきます。


埋没法直後です。
直後
ラインが生み出されたので
一重の時より、目の開きが少し大きくなります。

でも、手術直後なので
ちょっとだけ目が開きにくくなっている。

そのプラスアルファで、この目の開きになっています。
やや開きが大きくなっていますね。
次のお写真を見比べると、開きはさらにちょっと違います。


ということで最後のお写真、1週間目です。
一週間
いい感じに落ち着いています。
1枚目と比較すると、ラインの生み出されたことによる効能ははっきりしています。
やはり目が大きく見えます。
ラインの幅、という観点だけで見た場合は狭いラインなのですが
このように素晴らしい効能がある、ということは明らか。
いわゆる奥二重のライン、といっても決してあなどれないです。

あとはもっと広いラインの方がよい、という人もいるし
人それぞれの好みで変わってきます。
大げさな変化は好まないけれど、目をはっきりさせたい、という一重瞼の人には
非常に参考になる記事だったのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR