一重まぶたの例、印象の変化

今回は埋没法です。

一重まぶたの目にラインを生み出した例です。
まずは手術前から、お写真を見ていきましょう。
手術前
一重まぶたの目です。
両目にラインを生み出すべく、埋没法を行っていきましょう。


手術直後です。
直後
少し目が開きづらくなっているかな?
大きな腫れは無いのですが、開きづらさによって少しぼやっとして見えます。
 
麻酔の影響、糸がついたことによる影響等ありjますが
すぐに落ち着いてきます。


ということで1週間目です。
一週間
つけまつげで少し変化がわかりづらい部分もあるかもしれませんが落ち着いています。
ラインが生み出され、1枚目と比較するとずいぶん印象が変化しました。
メイクの可能性も広がるでしょうし、そうすると様々な方向に印象がさらに変化することでしょう。

ラインが生み出され
それにプラスアルファして更に魅力を引き出す。
一つの大きな足掛かりとなれば幸いです。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR