変化がわかりやすい症例写真

今回の目頭切開のお写真は
非常にわかりやすい変化。

これが目頭切開という手術の持つ能力だ、と
その点がお写真で見受け取りやすい例だと思います。


お写真を見てみましょう。
上が手術前、下が手術1か月です。

手術前

一ヶ月


上のお写真の目頭部分に注目すると
蒙古ヒダ、といわれるヒダがあります。
そのヒダの突っ張りによって目頭部分の一部が皮膚で覆われて隠れている。
常々言うように、その部分を解除、隠れていた部分を出すのが目頭切開です。

ということで下のお写真。
ヒダが無くなって、隠れていた部分が出てきました。
涙丘と呼ばれる赤い粘膜部分が見えるようになったわけです。
上のお写真では赤い部分がけっこう隠れています。
比較するとはっきりわかりますね。

こういった変化が目頭切開で生み出せるもの。
2枚のお写真を比較してみて
蒙古ヒダの無い方がよいのか?ある方が良いのか?の好みは分かれます。
そこはそれぞれの好みなので
自分がどちらが好きなのか?をしっかり把握することが大切です。


2枚のお写真を比較したときにもう一つの違いは
目と目の間の距離です。
目頭切開後の方が、隠れていた部分が見えるようになることによって
目と目の間が近くなっていますね。
目が離れている、という人にとってはプラスになるでしょうし
目が近い、という人にとってはマイナスになる可能性もあります。
そこもチェックポイントですね。


あとは印象面でいうと
大人っぽい方向に変化します。
アゴを出す、鼻筋を通す、などといったように、シャープ寄りになっていく変化の1種と言えて
シャープな方向に変わっていくと 幼い→大人っぽい という印象となるのです。
そこもその人のスタイルによって良し悪しではあると思います。



こういった変化がある、ということを踏まえ
目頭切開が自分に向いているかどうか
じっくりと検討してみてください。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR